法令試験とは

運送業の許可を受ける際には、法令試験の受験と合格が必要です。

中部運輸局では、申請を出した翌月の奇数月の中頃から下旬にかけて実施されます。

「許可を受けるのに試験がいるの?」

という方もいらっしゃるでしょうが、運送業に必要な知識を会社の役員さんが備えているかのチェックとして実施されています。

この試験に合格しなければ許可を受けることはできません。

 



試験内容について

 試験に出題される法令は以下の通りです。

 

①貨物自動車運送事業法

②貨物自動車運送事業法施行規則

③貨物自動車運送事業輸送安全規則

④貨物自動車運送事業報告規則

⑤自動車事故報告規則

⑥道路運送法

⑦道路運送車両法

⑧道路交通法

⑨労働基準法

⑩自動車運転者の労働時間等の改善のための基準

(平成元年2月9日 労働省告示第7号)

⑪労働安全衛生法

⑫私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律

⑬下請代金支払遅延等防止法

 

試験内容としては、これらが記載された分厚い条文集が配布され(書き込みは不可)、その条文集から出題された問題の答えを探して、

〇か×で回答するというものです。持ち込みは筆記用具のみです。

 

 

試験時間は50分。

問題は全30問で、8割以上の点数をとることができれば合格となります。

 

受験者は法人であれば役員の方、個人であればご本人のみです。

試験は二度まで受験可能ですが、二度目の試験でも不合格の場合、

不許可となってしまいます。


ダウンロード
一般貨物自動車運送事業等に係る法令試験条文集.pdf
PDFファイル 8.8 MB

法令試験に備えるために

事務所では、中部運輸局で過去に実施された法令試験の過去一年分の過去問を保存しております。

「実際の試験の問題を知りたい」

「一度落ちてしまったが、何とか二度目の試験で合格したい」

 そういった場合には、是非ともお気軽にお問い合わせください。